あなたも使っているかも?リサイクルマークを知ろう!

分別する際に役立つマーク

おすすめリンク

江東区で不用品回収業者選び

江東区で不用品回収業者選びで悩んだ時はどうすればいい?料金と自分の希望に合った所に依頼しよう。

缶は2種類あると知ろう

飲み終わったドリンク缶を、捨てる時があるかと思います。
しかし缶には、スチールとアルミの2種類があることを知ってください。
それぞれは異なる方法で処理されるので、一緒に捨ててはいけません。
見た目だけでは、アルミ缶なのかスチール缶なのか見極めのは難しいです。
そこで、マークを確認してください。
マークを見れば、すぐに分別できます。
正しく分別して、資源の無駄遣いを減らしてください。

プラスチックやペットボトルというマークもあるので、ドリンクを飲み終わったら間違えないで捨てましょう。
よく似ているので、処理する時は混ぜている人が見られます。
しかし素材が異なるので、一緒にすると正しくリサイクルできません。
面倒に感じないで、どのようなマークが記載されているのかチェックしてください。
街中にも、ペットボトルのゴミ箱があります。
外出先でゴミを捨てたいと思ったら、設置されているゴミ箱を利用してください。
絶対にポイ捨てしてはいけません。

紙製品も、紙というリサイクルマークが記載されています。
段ボールでできた製品も紙なので、資源ゴミに出してください。
燃えるゴミではなく、資源ゴミに出す部分がポイントです。
紙製品は燃やせますが、燃えるゴミに出すとリサイクルできなくなってしまいます。
きちんとリサイクルして、新しい紙製品にするためには資源ゴミに出さなければいけません。
これまで紙製品を燃えるゴミに出していた人は、改めましょう。