分別する際に役立つマーク

>

ゴミをきちんと分別するために

アルミ缶とスチール缶

飲み終わった缶は、ゴミ箱に捨ててください。
しかし、適当に捨ててはいけません。
きちんと分別することで、正しく処理されます。
缶を分別する際は、種類に気をつけなければいけません。
見た目はどちらも同じですが、実はアルミとスチールの2種類があります。
それぞれを混ぜて捨てると、正しく処理できないので分別してください。

見た目で判断するのは非常に難しいので、リサイクルマークを見てください。
缶の側面に、アルミやスチールと書かれたマークがあると思います。
それを見ると、どちらなのかすぐにわかります。
どの缶にもリサイクルマークが記載されているので、捨てる前に確認してください。
アルミかと思っていた缶が、スチールかもしれません。

資源を再利用するために

リサイクルマークに書かれている通りに缶を分別することで、資源を再利用できます。
缶を作る際は資源を使っていますが、無限に残されているわけではありません。
限りがあるので、節約しながら使わなければいけません。
スチールやアルミを回収して、一旦溶かすことで再び資源に戻ります。
それから新しい製品を作り出せば、資源を無駄に使うことがありません。

リサイクルを意識して、生活を送って行きましょう。
1人1人が意識することが大切です。
自分がリサイクルしなくても、周囲がしていれば大丈夫だと思わないでください。
1人がルールを破ることで、すぐに環境が悪化してしまいます。
捨てる時に確認するだけなので、難しいことはありません。