分別する際に役立つマーク

>

ペットボトルはプラスチックはではない

似ているけれど異なるもの

ペットボトルとプラスチックも間違えやすいので、捨てる前にリサイクルマークを確認してください。
きちんと、それぞれの名前が書いてあります。
ペットボトルは、飲み物が入っていることが多いです。
しかし中には、プラスチックに入っている飲み物もあるでしょう。
見た目で判断すると、間違えてしまいます。

リサイクルマークを確認することを、習慣化させてください。
飲み物が入っていた物を捨てる際は、できれば水洗いしてから捨てた方が良いでしょう。
飲み終わってそのまま捨てると、嫌な臭いがしたり、虫が集まって来る可能性があります。
洗剤を使って洗う必要はないので、軽く洗ってからゴミ箱に入れるのがおすすめです。
マナーを守ってリサイクルしましょう。

町中にゴミ箱が設置されている

外出先で喉が渇いて、ペットボトルの飲み物を購入する時があるでしょう。
飲み終わったペットボトルをずっと持ち歩いていても邪魔なので、すぐに捨ててください。
この時に、ポイ捨てすることは絶対にしないでください。
ポイ捨てすると、環境が悪くなります。
法律で禁止されているので、見つかったら警察に捕まってしまいますのでやめましょう。

町を見渡すと、いろんな場所にゴミ箱が設置されていることに気づくでしょう。
ですから外出先でも、気軽にペットボトルを捨てることができます。
捨てたいもののパッケージを見て、ペットボトルのリサイクルマークが記載されていたら、きちんとペットボトルのゴミ箱に捨てましょう。
それが、リサイクル活動に繋がります。