分別する際に役立つマーク

>

紙製品にもマークがある

紙のリサイクルマーク

これまでは、紙は燃えるゴミに出すものだと思っていた人がいるのではないでしょうか。
しかし紙製品は、資源ゴミに該当する種類です。
資源ゴミに出すことで、紙が際利用されます。
新しく綺麗な紙になったり、トイレットペーパーやキッチンペーパーといった製品を作れます。

燃えるゴミに出すと、そのまま処分されてしまうのでリサイクルされません。
非常にもったいので、気をつけてください。
リサイクルマークが付いている製品は、資源を再利用できると思ってください。
新聞紙や雑誌など、紙で作られているものは大抵リサイクルできます。
資源ゴミを回収する日に出せば、行政が引き取ってくれるでしょう。
日にちを確認して、間違えないで出してください。

段ボールも再利用できる

再利用できるのは、広告や新聞紙などの薄い紙だけではありません。
段ボールなどの厚い紙でもリサイクルマークが記載されています。
すなわち、再利用できるということです。
資源ゴミの日に出す時は、紐で縛ってください。
まとめて縛ることで、回収しやすくなります。
たくさんの紙製品があって、自分で回収場所に持って行くのが大変だという時もあるでしょう。

その場合は、不用品回収業者に任せても良いと思います。
業者は自宅に来てくれるので、持って行く手間を省くことができます。
しかし業者に依頼する際は、料金が発生することを忘れないでください。
どのくらいの紙製品を回収してもらうのかによって、料金が変わります。
事前に聞いておくと、安心ですね。